2005年10月の「きょうの出来事」
[HOMEに戻る] [過去の「きょうの出来事」一覧] [管理者モード]
●2005年10月31日(月)

きょうは、手術3日目です。午前中に回診があってお昼に退院になりました。大学病院前のイチョウの紅葉を入院したときと、また違った気持ちで眺めました。学生の頃通った中華料理屋に行って、ランチを食べてホット一息ついて帰宅しました。きょうから一週間自宅で安静&リハビリです。

●2005年10月30日(日)

洗面台のに左横にある黒いジャージは入院時に持ってきた「東京ドクターズ公式ジャージ」です。手術前から見守ってくれてました。

グラウンドの上で、このジャージにそでを通すことは、もうないかもしれませんがジッと見つめて過ごしています。

●2005年10月29日(土)

なんと、きょうの午前中に術後の検査を受けて午後は安静解除です。午前中の検査(頸部CTとレントゲン写真)は、看護師さんから「歩いていけますか?」ち聞かれたので「ちょっと自信ないので車いすにしてください」と御願いしました。

検査室に、車いすで移動して「じゃ終わったら迎えに来ますから」を補助さんは病棟に帰りました。その直後、「頭のモャっとした感じ」「気分不快」「全身の冷や汗」が出現!!そばにいた看護婦さんに「気持ちが悪いので横になるか、一度病棟に返してください」と御願いしました。そこには一緒に仕事した看護師さんが偶然にて「あらまぁ。先生!顔色真っ白よ!」と自分の患者さんのことをレントゲン技師さんに頼んでくれて車いす押して私の病棟に連れて帰ってくれました。まさに地獄に仏!!点滴を速めて時間横になって回復して午後になって検査を受けました。

手術の次の日なので尿道の管、酸素濃度を診るモニター等は、はずされました。しかし、体は上半身が固まったように動かしづらく、傷の痛み、肩と胸の筋肉緊張がありました。

「医者は、患者になるとワガママだ」といわれるのがイヤで、痛くても座薬を我慢、寝返りが出来なくても自分で無理無理動いたり、清拭(体拭き)を自分でやったら1時間かかったり、まぁなんともいい体験をしました。

●2005年10月28日(金)

きょうは、手術です。朝早く起きてシャワーに入って、いつも見るテレビを見てオペ出しまですごしました。
もっとも信頼している先生の執刀で全身麻酔は自分も以前所属していた麻酔科の助教授(高校と大学の後輩)に安心してお任せして安心しきって手術室に入りました。
入ったときにビックリ仰天!!すでに大学を退職している麻酔科同期入局の親友がそこにいたのです。麻酔を御願いしていた助教授が「より安心して麻酔を受けられるように同期入局の○○先生にも来てもらいました。」とのこと、本当にありがたかったです。
手術も、予定時間で終了し帰室しました。術後は、さすがに痛みと術後の鎮静で意識朦朧としてました。が、まだ大学に勤務している友人やラグビー部の現役学生が大勢訪ねてくれて、意識朦朧の中で話しかけてくれて手を握ってくれました、しかし、さすがの私もうなずく力もなく失礼しました。

●2005年10月27日(木)

きょうこれから入院して手術を受けます。5月29日のラグビーの大きな大会で、ちょっとした転倒で「脊髄震盪」を起こし約10分間の不全四肢麻痺になりました。その後症状が進み前からある前腕の筋萎縮に加えて「膝のガクガク」「手の細かい操作がしにくい」「腱反射亢進」「MRIで脊髄内高信号」が出現しました。現在もともとある脊柱管狭窄症にヘルニア(C3ー5)が合併しています。自分の持つ病気なので、いろいろな医師の意見を聞き十分に勉強した結果「手術」を選択しました。脊髄の手術なので、ちょっと(とっても)恐いのですが必ず乗り切って皆さんと元気に会いたいと思います。10日間失踪しますが捜さないでください(笑)。昨夜、ラグビー部のキャプテンが「公式ジャージ」を仕事場に持ってきてくれました。本当にうれしかったです。ベットサイドにおいてジャージを眺めながら過ごします。

私の好きな、「3つのF」。「Fighting spirit」「Fair play」「Friendship」で頑張ります!!

●2005年10月25日(火)

通勤途中で定点観測している「谷中墓地入り口」です。桜が紅葉してきました。雰囲気があって素晴らしい秋に気配です。毎日毎日通るたびに立ち止まって見ています。春夏秋冬そして雪月花を加え楽しむことが出来ます。

●2005年10月24日(月)

きょうは、いただいた和菓子を往診地中の公園で「緑茶」を買ってしみじみ食べました。秋が深まり「柿」の季節には柿の和菓子。日本の持つ「四季」ならではの喜びです。

●2005年10月23日(日)

いよいよ手術まで4日を残すのみとなりました。

きょうは緊張の中、術前最後の頸椎MRIを行いました。
画像を見ると自分としては狭窄が進んでいるように見えるのですが読影医の先生からのコメントは「前回と変化無し」とのこと。
風邪を引いて熱など出さないように、変なもの食べて下痢しないように、交通事故など起こさないように気を引き締めて手術に望みます。手術は、ちょっと(本当は、とっても)恐いけど、それでひと区切りつくのですから頑張らなくっちゃ。

いいお天気の日曜日でした。

●2005年10月22日(土)

今夜は、大学の同窓会「東京埼玉合同支部会」です。私は、東京の支部会長をしており埼玉のスタッフと1年越しで計画してきました。学術講演も、懇親会も、2次会も大いに盛り上がりました。当時教えて頂いた教授達も杖をつく人が多くみられ時間のたつのを感じました。

東京支部長の挨拶では、やはり今回自分(私)が手術を母校で受けることをみんなの前で話しました。母校での手術を決めるまで、いろいろな専門家、名医の先生の意見を聞き十分に考えて、やっぱり母校で手術するにいたる気持ちを話しました。同窓生とは、本当にありがたいもので沢山の励ましの言葉や握手を求められました。信頼している病院で、信頼している医師達に御願いするので安心して手術を受けることが出来ます。

●2005年10月21日(金)

きょうは往診です。「来週の今頃は手術が終わって意識朦朧としながらベットの上だなぁ」「手足動くなかなぁ」「やっぱり一晩は痛いかなぁ」「でも終わるからうれしいなぁ」など考えながらまわりました。
画像は往診途中でなんの実かはわかりませんが「実りの秋」です。

●2005年10月20日(木)

今夜は、母がつくってくれた「栗御飯」です。秋が深まります。

●2005年10月18日(火)

金曽木公園で「ナンテン」「ななかまど」??
真っ赤になってました。

●2005年10月15日(土)

昨日の続きです。

御弁当のおかず前の晩ご飯とほぼ同じです。子供(高校生2名)がいるので、おのずと「のり弁に揚げ物」になってしまいます。

●2005年10月14日(金)

きょうは、天気がいいので往診途中の公園で弁当を食べました。
向かって中央にあるのが金曽木神社の大銀杏です。
左下に往診カバンと弁当が写ってます。

●2005年10月13日(木)

また、出演しちゃいました。フジテレビ「伸助クリニック」です。
放映にあわせて本郷にある「カフェテラス本郷」で「本人と一緒に出演番組を見る会」が開かれて20名以上の皆さんとプロジェクタの大画面でテレビに出ている自分を見て大汗かきました。

●2005年10月10日(月)

きょうは、高校大学の友人が浅草で独立した開院記念パーティに出席しました。会は盛大に行われ日本医大病院長から各界の方がお見えになりました。私は友人代表で締めのスピーチを担当しました。当の本人は、すごく疲れたと思います。御苦労様でした!

●2005年10月08日(土)

「つるぎや」の「鰯つみれ茶漬け」です。土曜日に一週間が終わって「つるぎや」の遅い昼ご飯を食べるときが至福の時です。この茶漬けとソバが付いてセットメニューとなっています。

●2005年10月06日(木)

きょうは母校に「術前検査と麻酔科受診」に行ってきました。
緊張して検査を受け、あとは手術だけです。
母校の病院前「銀杏並木」は、やはり東京よりは色づくのが早いですね。

●2005年10月05日(水)

「つるぎや」の、「鰯つみれ松茸のお吸い物」「松茸御飯」これにソバが付いてセットメニューです。断然お得!!
ただし、いつもあるとは限らないのです!!

●2005年10月03日(月)

都電荒川線には「都電最中」というものがあります。
最中の中は、あんこに包まれたお餅です。
たまに、無性に食べたくなります。

●2005年10月02日(日)

本当は内緒にしておきたかった秘蔵の一枚!!

白衣姿でナース服のアヤパン(高島彩)とツーショット!!

●2005年10月01日(土)

きょうは第一土曜日なので東京ドクターズの練習日です。私は、8月から練習を見ているだけです。デジカメを撮っている私の影が長くなり夕暮れが早くなってきたのがわかります。


WebDiary CGI-LAND