2006年07月の「きょうの出来事」
[HOMEに戻る] [過去の「きょうの出来事」一覧] [管理者モード]
●2006年07月13日(木)

おお!フルフェイスのヘルメットにスクーターの「お坊さん」!!かっこいい!!東京の「お盆」です。

●2006年07月12日(水)

往診の途中「根岸」で、アゲハチョウです。どこで生まれて育ったのでしょうね。さすがは「下町の田園調布」ですね。シャッターチャンスもばっちりでした!

●2006年07月11日(火)

往診させていただいている幼稚園で、盆踊りの準備です。子供さん達が楽しみにしているのでしょうね。

●2006年07月10日(月)

浅草で勉強会の後、回転寿司にいったら「鯨の竜田揚げ」がありました。給食の人気メニューだったので、思わず食べてしまいました。美味しかったです!!

●2006年07月09日(日)

昨日の試合を見ていて「もう現役としてラグビーは出来ない」とわかっていても「ラグビーと触れていたい。」でも、試合に出なければ面白くも何ともないのです。

今年大学を出たの新人が参加してきて試合の後、俺と同じ世代の選手と握手するのを見て複雑な気持ちでした。(俺も、試合に出ていれば若い選手と一緒にプレーして一緒にボールを回し試合が終わったら握手できるのになぁ)

●2006年07月08日(土)

きょうは目白の学習院グラウンドでテレビ朝日ラグビー部との定期戦です。例年この時期は「入谷朝顔まつり」と重なるため土曜日の午後朝顔まつりを見て学習院グラウンドで試合です。朝顔祭りを見て下町の名店「キッチン吉村」でランチして、学習院グラウンドで試合を見て目白コマースビル「ジャスミン」で大宴会!!充実の土曜日でした!!それでも、家に帰って「アド街」みて「エンタ」みて、ゆっくり休めました。

●2006年07月07日(金)

今夜は、「足立荒川葛飾の大学OBの会」です。足立区の病院に大学時代お世話になった教授が定年となり退職し就任されたので歓迎会でした。大学で講義を受け、病院勤務では指導を受け、その後長く離れていた教授が近くの病院に赴任して、また近くで接することが出来るのは幸せです。先輩のスピーチで「親がそばにいてくれるような安心感」と話してましたが本当にその通りです。

●2006年07月06日(木)

いよいよ、きょうから「朝顔祭り」です。今年は、駐車違反が厳しいせいか路上駐車がほとんどありませんでした。画像は、いなせな朝顔売りのお姉さんです。

●2006年07月05日(水)

定点観測です。谷中霊園入り口で。梅雨の合間の晴天で緑が映えますね。

●2006年07月04日(火)

往診の途中、根岸のお宅の庭で「さやえんどう」です。いつぞやは「ゴーヤ」を栽培していました。

●2006年07月03日(月)

いよいよ下町の夏「朝顔祭り」が7月6日」から始まります。一足早く「お花屋さん」からいただきました。

●2006年07月02日(日)

きょうは、一日自分の部屋の整理をして過ごしました。5月まで使っていた「組み立てパソコン」のハードディスクを取り出して専用の器械に入れて必要なデータをDVDに焼き付けました。そうしないとHDDは寿命があるため年余の単位でデータは消滅します。また、ちょっとしたきっかけでデータが読めなくなります。いつでもDVDにバックアップしないとデータはなくなるかもしれないのです。(バックアップのためのHDDなのに変な話ですね)
画像は、昨日夜フラリと行った「お富士山」の縁日で見つけた「射的」の鉄砲です。よく見ると年期ものです。もしかすると自分が少年時代40年くらい前に、どきどきしながら手にしたものかもしれないと思い画像に残しました。

●2006年07月01日(土)

きょうは、土曜日。午後は仕事場のクーラーの作業があるため午後居残りのはずだったのですが雨のため作業は中止。時間があったので、近くの病院で働く高校と大学の同期に会いに行きました。ひとしきり話がすむと友人が「いま、女房と子供たちが迎えに来るから会っていって」とのこと。久しぶりに友人の子供たちと会いました。2歳の天使のような男の子と、7歳の利発な女の子です。お父さんにまとわりつく姿を見てうらやましく思いました。

それから次回土曜日のラグビーの試合会場(学習院大学)に行ってアフター(コマースビル)の予約確認して女房と早稲田鶴巻町の「油ラーメン」を食べて帰りました。帰る途中、自宅そばの道路が閉鎖されて縁日がでてにぎやかな様子。そうか、きょうは「お富士山」の縁日でした。思わず、寄ってしまいました。

「お富士山」は、境内の中に縁日がでて神社の中の小高い山(お富士山)に登ってお参りします。きょうの昼友人の子供達に会ったときのことを思い出しました。「いいなぁ、こんなに子供達と遊んであげられて・・・」「自分の子供達が、遊んで欲しい年だったとき、自分は勤務医で単身赴任や超多忙な時代で十分に遊んであげられなかった。自分が、自分の親と「家族旅行」という経験がなかったから、子供達とは十分に遊んであげたいと思っていたのだが「家族旅行」はしたものの、もっともっと体を使って遊んであげたかったと思っています。孫に期待しよう!って10年先ですね(笑)。

画像は、「お富士山」山頂から境内の縁日を見たものです。


WebDiary CGI-LAND