2006年08月の「きょうの出来事」
[HOMEに戻る] [過去の「きょうの出来事」一覧] [管理者モード]
●2006年08月27日(日)

きょうは、曇りの日曜日。9月17日日本臨床内科医学会の講演準備で医学書の立ち読みのため神保町へ。帰り道、学士会館横で見つけた「手」です。「野球発祥の地」だそうです。夕暮れ時に、ちょっと不気味。

以下、関連Webより抜粋。
「日本野球発祥の地」記念碑 除幕式(日本学生野球協会)
日本に初めて野球を伝えたホーレス ウィルソン氏の野球殿堂入りを記念して、学士会館敷地内に「日本野球発祥の地」の記念碑を建立し、除幕式が開催されました。
場所は千代田区神田錦町3−28(地下鉄神保町駅A9出口すぐ)

ホーレス・ウィルソン(Wikipedia)

1871年(明治4年)に「お雇い外国人」として来日し、第一番中学(現在の東京大学)で教鞭をとった。そのときに生徒に野球を教え、その後全国的に広まっていった。


●2006年08月26日(土)

きょうは、8月の最終土曜日です。子供の頃から「8月最終土曜日と日曜日」=「お諏訪様の縁日」=「夏休みおしまい」でした。日暮里駅前では、涼しい風が吹くなか盆踊りが行われていました。ちなみに浅草では「サンバカーニバル」。根岸の「お行の松」でも下町の夏の終わりを告げる盆踊りが行われています。

●2006年08月25日(金)

きょうは、早朝土砂降りの雨と雷!でビックリ!通勤時は、雨も上がり、しっとりとした谷中墓地入り口です。

●2006年08月24日(木)

きょうは、母校へ。途中、あまりにも天気がいいので栃木市からバスに乗って國學院大学まで。そこからアジサイ坂をあがって展望台へ。そこで見つけた山本有三先生の碑です。母方の実家のお寺に山本有三先生の墓があるので栃木市ではよく見かける事があります。「〜生まれてきたかいがないではないか。」
毎日自分なりに一生懸命やってるのですが「たこ足操業」の私には「生まれてきたかいの実感」が薄く、この言葉も身にしみます。

●2006年08月22日(火)

今夜は、日頃「病診連携(病院と診療所の連携)」でお世話になっている都立駒込病院の納涼会に出席しました。私の父の友人や、私と同じ2世、そして3世の医師まで出席しており、25年前の文京区&小石川医師会の先生方、その息子さん(私も含めて)。そして2世の息子さん(3世)が現在駒込病院で研修中だったなんて。不思議な会でした。また日頃「東京ドクターズ」で定期戦をしている「駒込ピペッツ」のメンバーとも話しました。彼らとは白衣で会う機会はなかったので新鮮な気持ちでした。

●2006年08月17日(木)

きょうは、仕事場の夏休みの最終日です。9月17日にひかえた日本臨床内科医学会の講演内容を造ったり部屋の整理をしたりで夏休みが終わってしまいました。
高校野球で智弁和歌山(和歌山)が帝京(東東京)に13−12で逆転サヨナラ勝ち!心情としては、東東京だし、医師の友人も多いし、帝京に勝って欲しかった。でも、この逆転はすごい!目頭が熱く号泣したいほどの感激でした。両校よく試合しました。それに比べたら自分(私)はなんなんでしょう??私は、彼らの何十分の一でもいいから同じような思いを残された人生で味わうことが出来るのでしょうか。少しでも彼らに近ずくよう日々の努力を怠らないようにと心に誓いました。(画像は、Yahooスポーツより)

●2006年08月14日(月)

きょうは、いつも病診連携(病院と診療所の連携:患者さんの紹介など)でお世話になっている総合病院の先生と上野精養軒のビアガーデンへ。お世話になっている先生といっても以前同じ病院で一緒に働いていた仲間です。10年前は、同じ病院で働いていたので今でも「あうんの呼吸」です。短い時間でしたが上野の街と不忍池の暮れていく様子をみながら昔話に花が咲きました。上野不忍池「弁天堂」がライトアップされてきれいでした。


WebDiary CGI-LAND