2007年10月の「きょうの出来事」
[HOMEに戻る] [過去の「きょうの出来事」一覧] [管理者モード]
●2007年10月30日(火)

「突撃日暮里根岸のお昼御飯」は、「カフェ中條」の「三色カレー」です。「ナン」「ライス」お代わり自由で980円。甘めのチキンカレー、ポークカレー、ビーフカレーで満腹です。あんまり美味しいので「ナン」「ライス」それぞれ食べて「まいうー」でした。今夜体重計にのるのが恐い。でも美味しかったからいいか。

午後の往診中から曇り空になりましたが歩いて帰る途中も雨は降りませんでした。

ちなみに、月曜日は「カレー食べ放題」です。もちろん「ライス」「ナン」も食べ放題。でも普段もランチは「ライス」「ナン」お代わり自由なので食べ放題みたいなものですね。

●2007年10月29日(月)

通勤途中の風景です。日暮里駅周辺の超高層ビル群です。舎人線の試運転もはじまり「いよいよ」って感じです。もともと「日暮里駅」は京成電鉄、京浜東北線、山の手線、常磐線などの交差する駅なのです。

もう昔の風景は残っていません。私が小学校の時には「蒸気機関車」が走っていて「煙」が遊んでいる公園(西日暮里公園)や神社(諏訪神社)から見えたものです。

●2007年10月28日(日)

きょうは、「特に予定のない日曜日」です。でも勤務医時代からの習性で「なんとなく仕事場に来てしまう」のです。なぜでしょうね。仕事場に来て外来の机に座って急ぎではないのですが「書かなくてはいけない書類」「紹介状の返事」「郵便物の整理」「机の上の片づけ」などします。することがなくなる訳ではないのですが3時間くらいやると少し片づいて気持ちがすごく落ち着くのです。明日からの「超多忙な一日、そして一週間」に備えることが出来て気持ちが落ち着くのです。

これは勤務医時代も同じでした。なんとなく予定のない日曜日の午後には若い医師達が病棟に集まってきて残った仕事をして患者さんを回診して帰るのです。そうすると月曜日からの超多忙な一週間を迎える心構えが出来るのです。

●2007年10月27日(土)

きょうは台風20号が接近していて雨風がすごいです。
明日は特に予定のない日曜日です。よって今日は「ニンニク日和」です。私達「外来をする開業医」は一日何十人の患者さんと話しをして診察をするので「ニオイのあるもの」は平日食べられません。唯一「土曜日か休みの前だけ」です。よって「ニンニクを食べるとき=休みの前」なので癒されます。蕎麦に入れる「ネギ」も同じです。
私は、コーヒーが大好きです。朝自宅で2杯、午前中に仕事場で2杯飲みます。でも夜眠れなくなると次の日の仕事に差し支えるので午後は絶対に飲みません。唯一、休みの前の日は午後でもコーヒーを飲みます。だからパーティや食事でコーヒーをいただくときは「次の日が休みの時」です。これらは「どうでもいいこと」なのですが長年身体に染みついた習慣だから変えられません。

画像は「ニンニクのオイル焼き」です。おいしそー!!!

●2007年10月21日(日)

きょうは、獨協高校51年卒の仲良し達でゴルフコンペです。本当は母校ラグビー部関東医歯薬リーグ第3戦「背水の陣の試合」を応援に行きたかったのですがリーグ戦はまだ続くので(きっと勝つと信じて)、一年に2回のゴルフコンペを優先しました。ゴルフコンペは3組で私達はスタートパーティでした。快晴に恵まれ画像の第一組3名のメンバーでした。いずれも高校と大学の同級生達です。向かって右は、O先生公私にわたりは、おつき合いがあり現在は台東区のクリニックの院長とと荒川区の病院副院長を兼任されています。真ん中は、H先生で中野で整形外科を開業しています。いずれも家族のような存在です。

以下に母校ラグビー部K先生からのメールを転記します。

谷田貝さんへ
鶴見戦敗戦の反省をふまえて先週はこの時期としては異例のコンタクトの練習に時間を割きました。Kさんからは「今の時期にやる練習ではない」とも言われましたが、今シーズンの我々のアイデンティティを取りもどすためにどうしても必要な練習でした。怪我人が出るというリスクは背負っていたのですが、春からやっていたせいでしょうか幸い怪我人もなく、次戦に臨めそうです。FWは怪我人のため練習にも支障があり、土曜日は佐野松陽高校(早稲田OB、元日本代表のI先生がいるところ)に行き、スクラム、モールラックを一緒に練習させていただきました。ただ、ただ我慢の試合になりそうです。帝京はFWが大きい印象が強く、セットで負けると苦しくなります。FWがこらえられるかがカギになるでしょう。 先週末学生たちは4部Aや3部の試合を見に行ってました。4部Aで上位にくるであろう聖マリはキックがなかなかよく、FBの動きが良いようで、日本歯科に圧勝したそうです。3部では山梨が日医に勝ったそうです。日医は東薬と引き分けており、その東薬は杏林に敗れ、杏林は日大歯学部に負けてます。3部も混沌としています。ちなみに山梨対日医戦の後にあった鶴見対東海戦は、鶴見が負けたそうです。これで獨協、鶴見、東海が1勝1敗で並びました。どこか1戦でも落とすと脱落することになります。この3チームが残り全勝で行くとトライ数の関係で1位鶴見、2位獨協、3位東海の順になります。我々としては残り2試合を必ず勝つことに変わりはありません。そうすれば道は開けてきます。

今日は9時から練習をしています。明日は10時頃全員集合し、
全員で朝食を食べてその後大学でアップ開始まで過ごす予定です。
必ず勝ちます。試合の様子は谷田貝さんの携帯のメールに直ちに送信します。以上。

その結果、私がゴルフ場からの帰り道に携帯へ勝利の連絡が入りました。その場面を直接見ることは出来ませんでしたが感慨無量でした。

●2007年10月20日(土)

きょうは、東京ドクターズと荒川ドクターズの合同練習日です。川口の荒川河川敷ですが良い芝が生えています。場所がちょっと遠いので診療終了後、コンビニのおにぎりを食べてグラウンドへ。手術後の私は「コンタクト」のある練習は出来ませんが楽しくお手伝いをし爽やかな汗を流しました。ちょうど練習が終わる頃に夕日が沈み気持ちよい時間を過ごせました。練習終了後、都立駒込病院に紹介した患者さんの面会に行き、それからCKDの講演会を聞いてきました。あー疲れた!!!忙しい土曜日午後でした。でも充実充実!!!

画像は、東京ドクターズと荒川ドクターズ両方に所属する「核弾頭 とくさん」と。

●2007年10月19日(金)

きょうは診療終了時に都立駒込病院に通院中の方が緊急入院が必要な状態で来院。ただちに紹介入院の手続きを取り搬送しました。駒込病院は、私の実家の近くなので面会時間内であったこともあり、面会してきました。入院時には症状が落ち着いていたので、お互いに(患者さんも私も)ホッと安心。

私は、小学校と中学校を越境しており駒込病院前からバスで通学していました。その頃から考えると画像のバスロータリーも、ずいぶん変わりました。

●2007年10月18日(木)

きょうは、東京医療センター付属東ヶ丘看護助産学校の講義で目黒区東が丘まで行って来ました。帰宅してから車で移動していたら、なんと「酉の市」の準備が行われていました。今年は、二の酉までです。もう冬の準備です。

明日から「べったら市」も始まります。

●2007年10月17日(水)

定点観測です。通勤途中の「谷中霊園入り口」です。桜の葉も紅葉してきました。公園の掃除の方が、ほうきで落葉した葉を「さっさっさっさっ」と掃いてました。もう初冬ですね。

この「谷中霊園入り口」の背中側には「JR日暮里駅」の周囲に建設されている超高層ビルが見えます。舎人線(モノレール)も就業間近です。

●2007年10月16日(火)

秋ですね。「赤い羽根運動」が始まりました。診療終了後JR御茶ノ水駅で寄付しました。以前みたいに赤い羽根をスーツにつけてくれるわけではないのですね。チラシと一緒に両面テープの着いた赤い羽根をもらいました。仲間と集まった「多国籍料理の店」で店の内装と赤い羽根のマッチングが良いと皆からほめられました。

●2007年10月15日(月)

土曜日の講演会で集まった友人達、向かって左が私です。左から2番目は同じ大学同じ医局の後輩でO先生。左から3人目は、大学の同期埼玉のK先生。一番左は、城北地区の講演会や勉強会で知り合いになったT先生です。いずれも仲良しでパーティ会場がお開きになるまで「よく話し」「よく食べ」ました。いずれもかけがえのない友人達です。

●2007年10月14日(日)

昨日の講演会で、大勢の聴衆の前で講演するS先生です。大学の後輩に当たります。現在も大学病院で臨床、研究、教育に頑張っています。

同じ時代に学生生活を送り、同じ時代にレジデント生活を送り、私は「父の意志」を継ぎ開業医となりました。S先生大学で頑張って教授になってください!!!

●2007年10月13日(土)

きょうは土曜日で「東京大学の医学研究会」へ総合司会として行きました。普段は入ることのない大学病院の会議室で東京大学の先生方の講演を聞きました。参加した先生方は皆熱心で活発な討論がされました。講演していただいた先生方も聞きに来た先生方も土曜日の午後で疲れているのに素晴らしかったです。

●2007年10月12日(金)

往診の途中で。「うろこ雲」です。天高いですね。

●2007年10月11日(木)

きょうは、「心臓血管研究所(六本木)」の医療連携会が東京會舘で行われ出席してきました。ここで内科部長をしているN先生は高校と大学の友人です。N先生や普段世話になっている先生方に挨拶し、パーティでは画像の「カレーライス」をたらふく食べました。

なんといっても子供の頃、誕生日で食べさせてもらった「東京會舘のカレーライス」が私の記憶に塗り込められており他の料理には眼がいかず、せっせせっせとお代わりして大満足で帰宅しました。N先生ありがとう!来年もまた声かけてね!!カレーライス食べに行くから!!!

●2007年10月10日(水)

きょうは、診療終了後「恩師 牧野荘平先生」の講演を聴いてきました。牧野先生は、東京大学物療内科から母校に日本ではじめて「アレルギー内科」を創設した先生です。日本はもちろん世界の「気管支喘息ガイドライン」に作成に尽力された全国区の先生です。久しぶりにお会いしたのですが非常にお元気でビックリ。

私は、アレルギー内科に所属していなかったのですが私のことを覚えていてくださって大感動でした。

●2007年10月09日(火)

「突撃日暮里根岸のお昼御飯」です。「つるぎや」の「おまかせ」です。「極上せいろ」と画像に示す「穴子白焼きと戻り鰹丼」です。戻り鰹の脂の乗りが素晴らしい!!!穴子白焼きには「わけぎ」を戻り鰹には「白髪ネギ」を、それぞれあしらっております。

往診前の40分ランチ!充実しました!!!

●2007年10月08日(月)

きょうは、めずらしく予定が入ってなかったので、なんとなく母校の大学祭をみてきました。展示や屋台を一回りみて「医学講演:病理解剖の今昔(剖検から)」を聞きました。昨日、試合に出ていたラグビー部員にも数名会って挨拶しました。連休最終日なので混雑すると考えお昼過ぎに東京へ向かったら80分で自宅に着きました。

画像は、母校の中庭です。中庭の真ん中に大きな木と石碑があります。母校の卒業生であれば、ここで講義や実習のの休み時間にコーヒー飲んだり語ったりしたものです。最終日で、小雨だったのですが学生達は一生懸命に動き回っていました。30年前の私の入学時、大学祭のテーマは(いまだに憶えているのですが)。「聞けカオスのなかから創建の槌の音を」でした。当時はなんのことかわかりませんでしたが、「なんだか訳のわからない、いわゆる混沌(カオス)の状況で。耳を澄ますと少しずつではあるけど創建(物事が造られ進みつつある)様子が聞こえる」というように解釈しています。

●2007年10月07日(日)

きょうは、関東医師薬リーグ第2戦で、30年来のライバル校「鶴見歯科大学」との一戦です。グラウンドは、京急の馬淵駅から歩いて20分くらい。急な坂をあがった山の上にあります。いい芝のグラウンドです。試合は、前半拮抗しワントライを取られ、その後取り返したものの後半やられてしまいました。主将と上級生がケガで出られない選手が3名いて「惜敗」でした。でも「ケガも実力」ですから仕方ありません。
試合後泣いている選手もいましたがリーグ戦まだ続きます。試合後、現役選手から一言求められたときに言ったように「気迫、それときめ細やかな丁寧さ」もゲームには必要です。

追加点をとられた後、選手達が自陣にもどるときに歩いてもどっていました。その時K監督が「早くポジションにもどれ(次の攻撃の準備をしろという意味)。」と何回も怒鳴っていました。追加点を取られたとき選手達は「きょうは負けるかも」という気持ちが頭をよぎったのではと思います。私が選手だったら、そう思っちゃいます。でも「ひるんでは、絶対に勝てない」のがラグビーです。たくさん書きたいのですが「熱く」なっちゃうので、この辺でやめておきます。

画像は、母校の11番選手が自分より身体の大きい相手選手(8番)に捨て身のタックルにいって相手選手が宙に舞っているところです。「ナイスファイト」です。渾身のタックルです。素晴らしい!!!このプレーをみただけでも横須賀まで応援に来た価値がありました。

●2007年10月06日(土)

きょうは、午前中の診察終了後。研修医時代「千葉県救急医療センター」で御世話になった北千住のO先生と、ゆっくりランチしました。連休前で無事に土曜日の診療も終了し御機嫌です。ランチの後「いながや」という生鮮食品、日常生活品、100円ショップがあるスーパーマーケットに行ってたら、いつの間にか午後4時になってしまいました。あー・・・幸せです。

画像は、「つるぎや」で食べた「戻り鰹丼」です。「初鰹」なんて江戸っ子(実は私)が新しいもの好きで喜んでいるだけです。この「戻り鰹」は表現できないくらい美味しい一品でした。画像を見れば脂のノリと引き締まった赤身がわかると思います。非常に美味しかったです。

●2007年10月05日(金)

きょうは、スタッフと一緒にランチしてきました。久々の「突撃日暮里根岸のお昼御飯」です。今回は「日よしや」の「カレーうどん」です。これがまた「おそば屋さんのカレーうどん」で美味しいのです。最近「カレーうどん」のチェーン店がありますが普通のカレーうどんが1000円、海老をのせると1600円だったと思います。ここのカレーうどんを食べてみてください。絶品です。見るからに「カレー&ソバつゆのハーモニー+真っ白なうどん」です。

●2007年10月04日(木)

きょうは、月に一度母校麻酔科で全身麻酔のお手伝いをする日です。麻酔科の朝は早くて7時30分前に集合です。8時までに必要な点滴類や注射薬、モニター類をそろえて、すぐに使えるようにしておきます。朝8時から、当日の患者さんのカンファレンスで問題点や注意事項の最終確認をします。その後、8時30分から患者さんが手術室に入ってきます。

その日に私が担当した手術は皮膚科の手術でした。皮膚科先生方は、いつも敬服するのですが。患者さんが手術室に入ってくるときには皮膚科の先生も手術着に着替えて手術室の中で待ちかまえています。手術が終わると、全身麻酔が覚め人工呼吸器がはずされるのを患者さんについて診ています。そしてリカバリ室(手術室から出て病棟からの迎えを待つ部屋)でも皮膚科の先生方は患者さんに、ぴったり着いています。患者さんが、手術室から出たときに初めて「麻酔科の先生、看護師さんありがとうございました」といってくれます。それに対し私は「大変お疲れ様でした」と申し上げます。

「外科医だから、悪いところだけ取って治せばいい」訳ではありません。手術室で患者さんのそばにいてよく観察している。患者さんを不安にさせない。取った臓器ばっかり見ていて術後の患者さんをみなかったり、次の手術があるから休憩しているのは好ましくないですね。きょう全身麻酔を担当させていただいた先生方は素晴らしい「臨床医」と思います。

画像は、いつものグラウンド裏の畑です。すっかり刈り取られてしまいました。カエルの鳴き声も、トンボや、バッタもいませんでした。秋が深まっていきます。

●2007年10月03日(水)

なんと、往診で歩いていたら「ギンナン」が落ちていました。ビックリ仰天。そういえば10月です。

●2007年10月02日(火)

根岸を往診の途中で、「あれ!」。これは「ひょうたん」でしょうか。めずらしいのでひとついただいて帰りました。根岸を往診していると、いろいろな「実りの秋」に出会います。「柿」「ゆづ」「みかん」・・・午前中の診療が終わって「ラーメン」か「そば」を大急ぎで食べての往診はつらいけど、ふと「なごむ」瞬間です。

●2007年10月01日(月)

1日の月曜日です。今週は連休だから頑張ろうと自分に言い聞かせても「マンデーブルー」です。夕方診療のあいまに外に出たら「おお、きれいな秋の雲」です。さわやかな風、さわやかな季節、私もさわやかになって午後の診療に復帰しました。


WebDiary CGI-LAND