診療案内
内科(消化器・循環器・呼吸器) 肛門科 リハビリテーション
  • 各種保険取り扱い
  • 健康診断 往診 在宅診療 応需
  • 消化器の検査
    消化管電子スコープ(胃カメラ) 胃腸透視装置 腹部超音波等
  • 循環器の検査
    心臓超音波 24時間心電図 運動負荷心電図等
  • 呼吸器の検査
    レントゲン撮影装置 呼吸機能検査等
  • リハビリテーションの設備
    低周波治療器 レーザー治療器 自動けん引装置
    マイクロ波治療器 全身理学療法装置等
 
診療時間と休診日
  
午前9時〜午前12時30分 ×
午後3時30分〜午後6時30分 × ×

休診日は、日曜日、祝祭日、木曜日、土曜日午後

 
地図
 
〒116−0014 東京都荒川区東日暮里4−20−6
電話 03-5850-6166    FAX 03-5850-6167
やたがいクリニック  谷田貝茂雄clinic@yatagai.net)
  獨協学園Doctor's Club」
明治初期、ドイツなど西欧の文明、文化との積極的交流を図るために設立された獨逸学協会を母体として、明治16(1883)年10月、西周(にしあまね)初代校長のもと獨逸学協会学校(獨協中学・高等学校の前身)が開校いたしました。以来、獨協学園は創立120年を経て、数多くの医学の徒を輩出しております。現在獨協学園の同窓会名簿では1000名以上の現役医師がおり、同窓会医師の親睦を図り、母校の発展に寄与することを主な目的としたのが「獨協学園Doctor's Club」です。
左の画像は、獨協学園の先輩で医師であり歌人の水原秋桜子先生が書かれた句碑「花の下にやまひを救ふ手を組まむ」です。
     
「東京ドクターズラグビーフットボールクラブ」
我が東京ドクターズラグビーフットボールクラブは、試合に参加することで全国の医師との交流をはかり、またクラブチームとして他のクラブとの試合を通し友好を深め親睦をはかることを目的として設立されたクラブチームであります。正確には不明ですが約30年以上にわたり長い歴史を持っております。日本医学会の総会に併せて行われるスポーツ交歓部門として発達し全国医師ラグビー大会、その他定期戦に参加するのが主たる目標です。会員は原則として東京周辺に在住在勤する医師歯科医師で現在約70名のクラブ員がいます。左の画像は、7月に定期戦を行っているテレビ朝日戦前に学習院グラウンドで撮影したものです。
 
〒116−0014 東京都荒川区東日暮里4−20−6
電話 03-5850-6166    FAX 03-5850-6167
やたがいクリニック  谷田貝茂雄clinic@yatagai.net)